妊娠中に虫垂炎になりました その10

やっと抗生剤を打ってもらえるようになり
ほっとした頃…
隣のベッドにやってきたこの方…
隣のベッドに入ってきた人
普通に話す分には
いい方なんだけど

突然、
仕切りのカーテンをわっと開けて
話かけてきたり
突然仕切りのカーテンを開けて話しかけてくる
夜中に
「ギャー!」って悲鳴をあげて
隣のベッドの人が突然叫ぶ
看護師さんが飛んできたり…
大丈夫よー
誰か知らない人が
病室に入ってくるように見えたんだって…
こんな感じでやや不安定な人でした。
それまでも、なかなか眠れなかったのに
さらに眠れないし落ち着かない
眠れない
このままじゃ、
どんどん弱っちゃう!と思って…
薬が効いて、熱が少し下がった時に
毎日傷の消毒に通うことを条件に
無理矢理退院させてもらいました。
お腹は破れたまんまです!
敗れたまま
怖いのでまた洋梨でお送りします
この傷、これからちゃんと
塞がるんかなって思ってたけれど
家に帰ったら、
ストレスが減ったせいか
こんな感じになってたところが
抜糸前
説明用にちょっと大袈裟に描いてます
傷の内側が盛り上がってきて
内側の肉が盛り上がってきた
ちゃんと傷が塞がって
残りの半分も抜糸することができました。
その後、出産前に仕事には戻れなかったけれど
妊婦
数ヶ月後、あの心臓の音を確認してくれた先生
無事に娘を取り上げてくれました。
(やっと終わり)

Relate post

Comment

  1. ストレスが多いと治る力も弱ってしまうのですよね。
    無事に、チビずきんちゃんが生まれて良かったですね。

  2. たき子 より:

    読み終わってホッとしましたー!
    産科じゃないからいろんな患者さんがいるんだね。。。^^;

  3. ケンジ より:

    個室じゃないと変な患者が混ざってくるんですねー(**

  4. Ouna より:

    こんにちは♪
    入院生活が長引いたけれど、、、条件付きで退院されたのがよかったのですね。
    もうチビずきんちゃん、ではないですね。
    お元気ですか~(*^-^*)

  5. あーちゃ より:

    おおーー、よかったよかった。やっぱりストレスはよくないんですねー

  6. ぴーすけ君 より:

    よくこの状況を乗り切りました!
    拍手です。

  7. hanamura より:

    ああヨカッタ! その時に、おめでとう!

  8. 鳥天 より:

    無事に治癒したって分かっていてもハラハラするわ~。変わったお隣さんが入院してきて、結果的には良かったのかもね~

  9. maki より:

    読みながら、同室だった人のことを思い出しました…
    色んな人がいますよね~(笑)

  10. ららぽ より:

    お腹破れたまんまの退院も不安だけど、ストレスたまるよりは良かったかもですね?
    わかっていてもハラハラしたお話でした。
    チビずきんちゃん無事でなにより(*^^*)

  11. hirari より:

    たいへんでしたねー。入院して大変な隣人に来られちゃったら、ストレスたまるだろうなあ。

  12. はへほ より:

    あ~、良かった良かった。入院したことないけど同部屋ってストレスになりますね。トイレもお風呂も離れているし。もうそれだけでよくなるものも良くなるはずがないと固く思っています。

  13. AKAZUKIN より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます!

    イソジンきっかけで思い出した最初の入院の時のこと、思っていたよりも長くなってしまって・・・
    最後までお付き合いいただきありがとうございました!
    コメントもいつも嬉しく拝見しています^^

    虫垂炎なるまで、全くの健康体で、冬に1回風邪引くか、引かないか・・ぐらいの私だったのですが、まさかいきなりお腹切って入院することになるとは想像していなくて・・・

    今から振り返って思うと、もういろいろ限界だったのかも、身体がストップするように教えてくれたのかもって思うところもあります。

    このあと3回切腹しますが(うち1回は出産)この時は、それも想像出来ず。。。

    身体が資本なので、自分で思ってる以上に大切にするぐらいで丁度いいのかもって最近は思っています。

  14. みち より:

    その方パーキンソンだったのかも。
    見えないものが見えてしまったり、
    聞こえないものが聞こえてしまったり。
    入院中、何か御用ですか?って父がお隣のベットを
    覗いたりしていたそうです。。。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。