鍼灸院にて

私、随分前の手術の痕が痛かったり、
ひどい冷え性だったりで
定期的に鍼灸院に通ってるのですが、
最近、以前の治療院をやめて、
家の近くの鍼灸院に通い始めました。
通う場所が変わると
何かしら新しい出来事があったりします…
「こんばんはー!」
鍼灸院へ
施術するベットはカーテンで仕切られてるだけで
外の会話も聞こえるし、
カーテン越しに会話もあったりするのですが
鍼灸院で施術
カーテンの向こうから
さっきまで受付の人と話してた別の患者さんの声が…
「先生、そろそろ帰るわー!」
関西のおばさま
「はいはいー!
気をつけてなー!」
鍼灸院で施術中
常連さんかな…?
「顔見えてないのに、
先生、ウチが誰か、わかってるん?」
関西のおばさま
「ちゃんとわかってるよー!
ラーメン屋のおばちゃんやろー?」
鍼灸院の先生
「わかってたらええわ!
ほな、また来るなぁー!」
関西のおばさま
「うんうん、
いつでもおいでやー!」
鍼灸院の先生
先生と仲良しなんやなーって思ってたら
「びっくりした!さっきの人ね、
一回もここで診たことないんですよ!」
鍼灸院で施術中
え!?
「常連感満載でしたねー!
いやいや、奇跡の瞬間ですよー」
鍼灸院で施術中
…だって…
こんなこと…あるんや 笑

猫の話 その49

少し前のこと。
娘とたまには外食しようってことで
日本家屋を改造した和食のお店へ…
日本家屋を改造したお店
ガラス張りで中庭の見える席に座ったら
お店から外を見る
別棟の屋根のところに猫がやって来た
猫がやってきた
建物の角っこで背中をゴシゴシ…
猫が背中をゴシゴシ
ゴシゴシ…
猫が背中をゴシゴシ
ゴシゴシ…
猫が背中をゴシゴシ
しばらくしたら、気が済んで
帰って行きました…
猫が帰っていく
あの子、きっと、いつもあの角っこで
背中を掻いてるんやろうねー
お店から外を見る
立派なお屋敷も猫にとっては
ただの背中を掻く大きな道具やなーって思いました。

父の話 その52

前記事の続きです
翌日、父を迎えに病院へ。
駅から遠い
駅から遠いー!何度も通ったはずなのに、途中から道は忘れてるし…

続きを読む »

父の話 その51

前記事の続きです
先生に「誰が来たかわかるー?」ときかれ、
初めてゆっくりと
「長女です」
病院にて
って、声が出た。

続きを読む »

父の話 その50

体調不良で面会に行けなかったので、
2週間ぶりに父のところへ行って来ました。
お昼にデイサービスに行ってたせいか
会話の途中ですうっと寝てしまったり…
寝てる父と私

続きを読む »

クラス替えのお知らせ

この春から高校三年生になるウチの娘
リアルチビずきん
ずっとチビずきんでよいのかどうか悩ましい
リアルでは右の感じのボーダー好きのメガネっ子です。
4月だし、ひとつ学年が上がって
クラス替えがあるんだけど

続きを読む »

父の話 その49

先週は体調不良で父のとこには行けなかったのですが
行けなくても、まるっと見てもらえてるのは
本当にありがたい…
いつだったか、夕方遅めの時間に行った時
珍しく玄関を入ったところの
ロビーに座ってた父
父の施設の入り口を入ったところ

続きを読む »

ノロヤッタカモ?

思い返したら朝から調子悪かったんです…
そんなに気温が低くないのに
お布団から出るのが辛いぐらい寒い
朝寒い
でもあまり気にしないでいつも通り仕事して…

続きを読む »

猫の話 その48

ウチに来る地域猫。
黒猫

続きを読む »

案外よくあることなん?

チビずきんはコタツに潜り込んで
スマホで漫画読んでる時…
コタツでスマホ

続きを読む »

それぞれのスタイル

最寄駅にあった
CDのレンタルショップがなくなって
高校二年の娘が部活で必要なCDを借りるのに
隣の駅まで行かなくちゃならなくなり…
ディスクとチビずきん

続きを読む »

父の話 その48

去年骨折で入院した父ですが
今は落ち着いてあまり変わらない日を送っています。
この頃、朝の着替えなどの
お手伝いが必要になってきたので
ヘルパーさんにお願いしていて
父のところに行った時には
連絡帳を見て日々の様子を確認するようにしています。
父と話す
本人にきいても忘れちゃってるので…
午前に訪ねて行った日、
昼食の時間になったので、一緒に食堂に移動してると
父と歩く
1階入り口付近のロビーで
笑顔で手を振ってる人が…
父の知り合いが手を振る
多分、前にデイサービスで
一緒だった人だと思うのだけど…
「久しぶりやねー!
いつここに入ったん?
ワシもここに引っ越そうと思って!
父の知り合いと話す1
父よりだいぶ若くて
お元気そうなのに…
「まだまだ一緒にがんばろーな!」
父の知り合いと話す2
「お隣は娘さんかなー?」
父の知り合いと話す3
「長女です!よろしくお願いします」
って言ったあと、
また「いつここに入ったん?」に戻って
同じ会話を
4回ほど繰り返しました
赤ずきん
…そっか…一見わかりにくいけど
一人で暮らすには心配だって
ことなのかもしれないなぁー
父は父で
「どこかで会ったのはわかるけど
名前が全然思いだせない…」
父と話す2
って、忘れちゃってるし…
病院から施設に戻ってきた時
「話相手がいなくて寂しい」って言ってたから
また仲良くしてもらえたら嬉しいなーと思っています。