父の話 その54

身体的な面も含めて
機能が低下してきているので
ケアマネさん、デイサービス先のスタッフさん、
施設のヘルパーさん、看護師さん参加で
これからどうしていくかの
お話合いがありました。
介護会議
ちょうど本年度の介護認定の結果が
出る頃だったのですが
認定調査が脳出血の前だったので
再度認定調査をしてもらうことになりました。
結果は…
要介護 5
電話を受ける赤ずきん
そんなに悪いのかーって思って、
ちょっとショック…
以前は、朝、自分で起きて
食堂にご飯を食べにいけてたのが
迎えに行って付き添わないと
移動できなかったり…
朝起こしてもらう
声かけだけだと部屋の中でじっと立ってたり
エレベーターホールで止まってたりする
食事も自分で食べられるし、
普通食で大丈夫なんだけど、
声かけしないとお箸を手にとらなかったり
口に入れてもずっと噛んでたり
食事の際の声かけ
ひとつひとつの動作に
声かけが必要な状態なのです。
骨折した時はあんなにオムツを拒否してたけど
今はもうほとんどトイレに行くこともなく…
状態にも波があって、
全然自分で大丈夫な時もあるのだけど…
そんなこんなで
介護サービスを大幅に追加しないといけなくて
今まで年金に少し補充するぐらいの生活費が
年金と生活費今まで
デイサービスを辞めても
サービスの方の出費の負担が増大…
年金と生活費これから
ケアマネさんに
「特養に入られることを
検討されたほうが
いいと思います」
ケアマネさん
って、言われました…
今、住んでるのは「サービス付き高齢者住宅」で
「一般の住居」扱いになるから
ひとつひとつのサービスに費用がかかって
トータルが高くなるんだって…
特養だと、月々の生活費も抑えられるし
介護サービスの方も「まるめ」と言って
介護度によって費用は固定だから
負担はかなり軽減されるらしくて…
私、その辺のことまで解ってなかった。
今、住んでるところ要介護5まで大丈夫だから
そのまま安全で安定した暮らしが出来ると
勝手に思ってしまってた…
新しい記憶が定着しないとは言え
いつものスタッフさんのことは覚えてるし
今、全然知らない場所に移って
不安にならないかな…
トイレにも行けなくて
子供に戻っていってるようなことなのに…
考えすぎかもしれないけど、オムツした小さい子が
お母さんも居ない知らない場所に
置かれてしまうような感じがして…
小さい子が知らない場所でひとりぼっち年金と生活費
申し込んでも、
すぐ入れる訳じゃないんだけど…
本人にとっては
どうするのが一番いいのかな…

猫の話 その52

ケガとかしてないか
気がかりだったけど
いつもと変わりない様子…
黒猫と私
母猫も
いつもと変わりなし
縁側でまったりする黒猫と私
妹猫も
変わりなし
玄関でまったりする猫と私
何もなくて良かった…
母猫がやってきたのって
いつ頃だったかなぁー?って
調べてみたら…
困り顔の黒猫
もうそんなに経ってたのかーって
ちょっとびっくり…
この子たち、不思議だなーと思うのが、
猫のご飯を
↓ここにいつも置いてるんだけど
キャビネットの上に猫のごはん
ここにあるのはわかってるのに
私や娘が器に入れて出すまで
絶対に勝手に食べようとしないのです。
あと「ご飯くださーい」って
外から戸を揺らすことはるけど
網戸をやぶたりしない…
花の苗は抜かれたけれど…笑
人間はあれこれ思うけど
猫たちは特に何を意識しているわけでもなく
自然体で過ごしてるだけなんやろうね…

やきとりが好き!

鶏肉が大好きな高校生の娘
チビずきん
二人で買い物に出かけて
お昼ごはんに焼き鳥屋さんに
入ったのだけど…
私はランチメニューを、
単品の注文もOKってことだったので
娘は…
メニューを見る
「鶏皮とズリとせせりを
お願いします」
お昼ご飯を注文する
娘の三大好きなもの
「味はタレと塩と
どちらがいいですか?」
お昼ご飯を注文する
「塩で!」
お昼ご飯を注文する
高校生じゃなかったら、
あとビール!って言いそう…
あっという間に食べ終わっちゃって
「なんかまだ足らへん感じー
もうちょっと注文してもいい?」
お昼ご飯を食べる
もちろんよいので…
「鶏皮とズリとせせりを
お願いします」
お昼ご飯を注文する
さっきと全くおんなじ!
「味は…」って言いかけたら
「塩っすね!」
店員さん
シャキーンって音が聞こえそうなキメ顔!
お昼どきで、お客さんもいっぱいで忙しいのに、
お母さん、覚えててくれた…
お昼ご飯を食べる
このあと美味しくいただきました。
ごちそうさまでした!

条件反射…?

用事しててテーブルの上に
テープを出しっ放しにしてたら
テーブルの上にテープ台
娘がやってきて…
「…でさー…」
テープをガラガラ回しながらしゃべる
「…なんですよねー」
テープをガラガラ回しながらしゃべる
ずっと片手でテープをぐるぐる回してる
「なんでテープを
ぐるぐる回すんー?」

赤ずきん母

って、訊いたら
「そこに回るものがあれば、
くるくるしちゃうでしょ! 
ハムスターと人間は同じでは?」
テープをガラガラ回しながらしゃべる3
…だって…
…そう…かな? 笑

ちょっと思い出した話

最近のことじゃないけど、
ちょっと思い出したので…
お天気のいい日には、ウチにくる地域猫のために
外に猫用のマットを置いてるのですが
猫が日向ぼっこ
日照時間、短いんだけど日向ぼっこできるように
マットに“ひっつき虫”がついてたことがありました。
マットにセンダングサがついてる
調べてみたら「センダングサ」っていうのみたい。
茶色いトゲトゲのやつです。
ウチの娘が小学校の頃に
友達とどこかへ遊びに行ってて…
夕方、帰って来たら
おかえり
全身ひっつき虫だらけ
全身ひっつき虫だらけ
「どこ行ってたんー?」
どこで遊んでたん
って、訊いたら
「探検に行ってました!」
探検してました
だって…
近くに探検できそうな里山とかもないのに…
猫も小学生もどこか同じところを探検してたのかもねー

猫の話 その51

ウチに来る地域猫たち。
雨の日はどうやらご飯をもらう機会が少ないみたいで
雨降りの日
雨があがるとたいがい
「お母さん、ご飯ください」
って感じでやってきます。
猫が戸を叩く
網戸をガタガタさせてアピール。
前は母猫だけだったけど最近はムスコも
「すごい雨やったねー。
どの辺に隠れてたん?」
地域猫が来た
つい話かけちゃう
お腹、空いてるだろうなーって
思ってたら…
どこからか別の猫の
「ギャー!」って声が!
ほかの猫の鳴き声に気づく
「ガルル…」
唸る黒猫
今まで唸ったことない息子が
唸ってるって思ったら
どこかへ出動して行きました
走って行く黒猫
さっきの声、妹かお母ちゃんやったんかな…
黒猫親子
すぐ駆けつけるなんて
男らしいとこ、あるんやなぁーって思いました。

父の話 その53

脳出血で検査入院した父ですが
波はあるものの、状態は少し良くなっていて
言葉もいくらか戻ってきています。
父の容態は伯母にも連絡しているのですが
父の誕生日が近かったので
手紙とお菓子を送ってくれました。
伯母からの手紙を読む
…先週末にお届けに行ってきましたよ…
「伯母さん、誕生日プレゼントを
送ってくれたよー」
父の施設に荷物を届ける
父の施設にて
「ひとつ、どうぞ」
父の施設にてカステラを受け取る
お裾分け、いただきました。
父の施設にて父が手紙を読む
手紙は、父の体を心配してくれてることと
会いに行きたいけれど
叔父さんと遠出が難しいって内容で…
「弟の具合が悪いって書いてるけど
どんな状態なのか、書いてない」
父の困った顔
新しい記憶は定着しないんだけど
たまにこんなするどいことを言うのです…
赤ずきんikuko
叔父さん、認知症がかなり進んでいて
父よりももっと難しい状況なのです。
でも、そう言ったら、
多分、悲しむよね、と思ったので
「そうやね、
手紙には書いてないねー」
父の施設にて手紙を読んで
って、返事しておきました。
送ってもらったカステラ。
ひとつ開けて
またもうひとつ新しいのを開けてたので
父の施設にてお菓子の包みを開ける
「先に開けたの、置いといたら
乾いて美味しくなくなるよー」
赤ずきんikuko
って、声かけたら
「一緒に食べようかと思って」
父の施設にてお菓子の包みを開ける2つめ
って、言うので
え?2個同時に?って思ったら…
「はい、どうぞ!」
お菓子をくれる父
だって…
「一緒に」って、
そっちの「一緒に」やったんや…
「私の分、開けてくれたん?
ありがとー」
お菓子をもって「ありがとう」
って、言ったけど
なんで、開けてくれたんやろう…
小さい頃の私とごっちゃになったんかな…

言い方!

高校三年生の娘は自転車通学なので
自転車通学
盗難にあった自転車は出て来ず…。
まだ私のママチャリでの通学しています。
保険に加入しないといけないのですが…
「今日、学校から書類を
もらってきました
チビずきん
もしも私が誰かに
怪我させたら
チビずきん2
さっと取り出して
使ってください」
チビずきん3
誰も怪我しないのが一番だけど
有事の際には、
さっと取り出して使うことにします。 笑