電気ケトル 選手交代しました

我が家の冷蔵庫が壊れそうで
ドキドキしていましたが
先に電気ケトルが
突然壊れました。
電気ケトル

引っ越しの時に処分しようと思ってた棚が
シンク横のデッドスペースに
すっぽり入ったので、その上に置いてたのだけど
昔娘のおもちゃ置き場だった
棚の下を掃除しようと思って
棚の中も全部だして、
掃除するのに棚をよける

<

床を拭き掃除
隅っこを掃除
綺麗になって元通り…と思ったら
お湯が沸かなくなってる!
お湯が沸かなくなってる
コードも抜いて掃除したので
電源コードの不具合かも?と思ったけれど
コンセントや延長コードの
不具合ではなさそう
電源コードでもない
どうやら、電気ケトルの
下のところの接触が悪くなってたみたい
電気ポットの底のところの接触
そうなたら、やっぱり…
ぐるぐる回して
みちゃうよね!
ぐるぐるっと回してみる
正しい対処法ではないと思う
何度か試して
耳を澄ましてたら
耳を澄ます
ググルっと沸き始めの
音が聞こえてきた!
沸く音がし始めた
これを繰り返してたけど
いつ何時動かなくなるかわからないので
予備をネットで注文…。
届くのを待つ間に
ついに動かなくなっちゃった
ついに動かなくなる
たくさん働いたもんね〜
寿命だったのかも。
そして、ちょうど動かなくなったタイミングで
注文してた新しいのが届いた!
商品が届く
ただの偶然だけど
新しいのが届くのを待って
動かなくなったみたいな感じ。
こういうことがあるから、
電化製品とかに、ついつい
情が移っちゃったりするのよね〜。

Relate post

記事はありませんでした


Comment

  1. orion12 より:

    ケトルさん「燃え尽きたぜ! 真っ白にな!」って感じだったのでしょうかねぇ…

  2. ケンジ より:

    電気ケトルは突然終わりを迎えますもんねー(^^;
    割と気軽に買えるのが救いですね♪

  3. お湯がわかなくなった電気ケトル……。
    経年劣化で接触も悪いですね。
    接触の部分をぐるぐる回すうちに動いたりもしますね。

    なお、電化製品にも心や責任感がある事がうかがえる話ですね。
    丁度、届いた時に完全に天に召されましたね。
    役目を終え安心して天に召されたようです。

    後に入ってきた電気ケトルに……
    「これからワシの代わりに役立っておくれ……」と、
    伝言を託していったかもしれませんね。

    だから電化製品にも情を感じますね……。
    電化製品にこれほど温かい心を抱くAKAZUKINさんは、素敵です。

  4. はへほ より:

    そうそう、情が湧く。壊れてないのに替える時、胸が痛みますねぇ。

  5. hanamura より:

    前職で電子機器を扱っていたので、維持修理と廃棄については、法規(ルール)通りにドライな感覚です。
    ところが、衣類が捨てられなくて、外出用下着が古くなった、パジャマ用下着の色は白が、ヤバイ(色の)Tシャツになっています。

  6. いまどき、電化製品は十年で壊れるようになっているとか・・・。
    これを証明するかのように壊れるのが続くのですよね。
    懐事情的には、壊れるにしても、もう少しばらけて欲しいと思います。

  7. 鳥天 より:

    うちも電気ポット逝った。長く使うと愛着湧くよね。

  8. ぴーすけ君 より:

    グルグル回しちゃうのわかる〜(笑)

  9. たき子 より:

    お疲れ様!って言いたくなるよよねえ。
    いっぱいお湯を沸かして美味しいお茶をたくさん淹れてくれたんだろうなあ♡

  10. maki より:

    家電選びはデザインも重要視するのですが、
    見た目より堅牢さを重視しちゃうのがケトルだったりします。

  11. lamer より:

    電気製品も健気ですね。
    バトンタッチ素晴らしいです。

  12. hirari より:

    情がうつる、よくわかるわー。
    突然逝かないでほしいですよね。

  13. みち より:

    新しいのが届くまで頑張ってくれたのですね、
    お疲れ様でした。

  14. HANA より:

    形ある物ものいつか滅びる…
    頭ではわかっていても切ないですよね
    長年生活を共にしてきたんですもの。
    わかります~

  15. AKAZUKIN より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます!

    家電ってなんだか情が移っちゃいますよね!
    ケトルが瀕死状態の中、炊飯器はまたまた見たことない表示になってたりして、我が家はもう・・・笑

    一番のご老体の冷蔵庫は静かにまだがんばってくれてます。

  16. あーちゃ より:

    AKAZUKINさんは、本当にモノを大切に使われているんですね。素晴らしいです。我が家の電気ケトルは壊れていないのですが、お湯の温度設定とか変更可能で、もう少し大きいのが欲しいなあと思っていたりする私です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。