【お墓を買う】兄の魂抜きをする2

魂抜きしていただく日、
朝から小雨がパラパラと降っていましたが
小雨降る中を急ぐ
霊園に着いたら
ちょうど雨が止んで…

「よろしくお願いします」
よろしくお願いします
「立派なお墓なのに
先々墓じまいするんですね…
この石、四国のとても良い石ですよー」
お墓がもったいない
「え!見ただけで
どこの石とか、
わかるんですか!?」
赤ずきん
「ええ、ワタクシ、
石屋なんで!」
石屋ですから
…そうか!墓石屋さんだった…
霊園全体のイメージが強すぎて
石屋さんのイメージがあまりなかった…
…だけど、専門の人はすごいねー。
見てすぐわかっちゃうんやねー…
兄の魂抜き、
親族は私ひとりで少し寂しい感じだったけど
お寺さんにお経をあげていただいて
お焼香して…
お経をあげてもらう
ほぼ普段の法事と変わらない流れで
滞りなく終わりました。

Relate post

Comment

  1. たき子 より:

    一人でって淋しいけど女は一人で何でもできるようになったほうがいいよね。。。
    私も同じく一人でいろんな事やることになりそう。
    だって兄がアレだからさ〜(^o^;

  2. ぴーすけ君 より:

    ほっとひと息ですね。

  3. 鳥天 より:

    ちょっと寂しいけれど、ボッチだと自分の都合で全部できちゃうから、考えれば楽よね!

  4. HANA より:

    人数は関係ないです♡
    寄り添う気持ちのある人に供養してもらえる幸せ、お兄様はきっと喜ばれている事でしょう。
    雨が上がって良かった(^^)

  5. AKAZUKIN より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます。

    朝から小雨の降る日でしたが、ちょうど法要とお墓を開けるタイミングだけ雨が上がってくれて助かりました。

    時間に余裕を持ってたはずが、到着がギリギリになって、タクシーの運転手さんもブーンとすっ飛ばしてくれて、園内でもなるべく近くまで行ってくれて協力してくださってとっても助かりました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。