父の話 その61

先々月、主治医の先生から
かなり厳しいお話
があった父ですが、
先月も状況に変化なし、
2ヶ月たった今も大きな変化はなくて…
横になってることが多いけれど
調子が良ければベッドに座ってテレビを観てたり…
施設にいる父

認知症の影響で新しい記憶は定着しにくいけど
普通に会話も出来ています。
父と会話
先月、地元の花火大会があって
施設のバルコニーで、入居者のみんなで
花火を観たのだけど
打ち上げ花火
「どうやったー?」って、きいてみたら
「目の前に上がって
すごく綺麗やった!」
父
って、喜んでいました。
去年は「隣の人は花火じゃなくて飛行機ばっかりみてるし
だいたい花火なんか好きじゃないのに!」
不機嫌な父
とか、言ってたのに…
今年はかなり印象的だったみたいで
次の週に花火の話をきてみても
まだ覚えていました。
他にも…
「爪、伸びてるねー
切っとくー?」
赤ずきん
って、言ったら
素直に切らせてくれり
父の爪を切る
前なら「そんなん!自分でできる!」って
言ってたけれど
穏やかになったように感じます。
「なんだか毎日がふわふわしてて
現実感がない」って、よく不安がってたけど
その不安も口にしなくなって
痛みも苦しいのもないらしいので
毎日気持ちよく過ごせてるのかなぁー?
そうだったらいいなぁーと思っています。

Comment

  1. ぴーすけ君 より:

    フワフワなお父さん、新鮮ですね。
    施設で生活してるけど、思いあってるのが素晴らしい。

  2. hanamura より:

    介護士を(本人が)していた母ですが・・・
    玄関に「老人十戒」みたいの飾っていました。
    次回の「毛染め」は手伝わせるらしい。

  3. 月子 より:

    先日はコメントへの返信ありがとうございました。
    実は今は東京在住ですが、私も関西出身なので、父との会話が関西弁なので、赤ずきんさんとお父様の会話を読んで、勝手に益々親近感を抱いてます。
    お父様、花火を楽しまれたのですね
    良かったですね!本当に楽しかった事は、近いことででも覚えてますよね。
    柔らかな温かい、良い時間が長く続きますように

  4. maki より:

    いや、本当に「痛い、苦しい」が無いだけでも安心しています。
    このままの時間が続いて欲しいですね。
    花火、良かった~

  5. 馬爺 より:

    可成り様態もいいようですから一安心ですね、施設が合うのでしょうかね?

  6. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます。

    クセのある父ですが、ここのところは穏やかになりましたが・・・
    痛みを感じないの、認知症のせいだけではなかったのが
    この日、ブログを更新した後にわかって・・・

    先生の緩和ケアがすごくうまく行っていたようでした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。