父の話 その38

父の話 その37の続きです
手術は2時間ぐらいで終わる予定が
なかなか終わらなく…
病院の待合室
だんだん心細くなってきた頃に
ようやく終了。

無事に終わったので
明日からリハビリ開始、とのこと
執刀医と私
そんなすぐに
リハビリ出来るのかーって
思ってましたが
術後、熱がなかなか下がらず…
一瞬目を開けて私を認識は出来るけど
何か言おうとしてるけど
言葉は聞き取れないし
何もない方向を指差してたりで…
父
どうなるのかな…って思ってましたが
ゆっくり状態も良くなって
今は流動食だけど
自分でご飯も食べられるようになりました。
父と私
状況も落ち着いたので
リハビリ専門の病院に
転院しなければいけないのだけど
相談員さんに
「座ってまた卓球出来るぐらいまで
元気になれるように
がんばりましょう!」
相談員さん
って言われて…
あー、そうか…
もう自分で歩くのは難しいんだなーって、
思いました…。

Comment

  1. 馬爺 より:

    お父さん無事手術は成功したようで何よりですね、でも歩行が困難に成ると又大変ですね。

  2. ぴーすけ君 より:

    お父さん手術がうまくいったようでよかったです。
    年をとるとガンバレとは言いにくいですね。

  3. hanamura より:

    私=素人(でも母も骨盤手術経験)の考えですが、座ったきり、寝たきりの人に手術するのかなぁ? 可能性(回復の幅)を考えてのことかと、素人(でも母も骨盤手術経験)は、思料いたします。

  4. maki より:

    自分は最後まで歩けるだろうか…
    と、近頃不安に思います。
    お父さん、がんばれ。

  5. みち より:

    リハビリの病院に移らないといけないのなら
    歩行訓練をするのでは?と思うのですが。。。
    少しずつ前進できると良いですね。

  6. 寝付いてしまうと、怪我していないほかの部分も衰えてしまいがちなので、早く動けるといいですね。

  7. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます。

    手術前はそんなに重く思ってなかったんですけど、術後の経過があまり良くなくて、もしかしたらリハビリできずに療養病院に転院になるのかな、と思ったこともありましたが、ゆっくり回復してきました。

    気分的には凹んだり、前向きになったりで…
    面会に行くのが少しあくと、その間に凹んでることが多かったです。。

    「もう来年ぐらい死ぬんかなぁー」ってボソっと言ったこともあって…でも話しをしてるウチに気持ちが前向きになってくるんですけどね。。

    いろいろ考えさせられます。。。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。