父の話 その32

暑くなって、週末に父のところに行くのも汗だく…
自転車で行くのは暑いので、
電車で行ってみたりもするけど
駅からもそこそこ距離があるのでやっぱり汗だく…
赤ずきん
この時期、外で仕事してる人は本当に大変だと思う…

入所してから何が助かるって
自分の体調が悪いとき
無理して行かなくても大丈夫ってこと…
今日、無理〜
疲労感赤ずきん
一人暮らしの最後の方は
ご飯もちゃんと食べてなくて…
私の週一買い出しとデイサービスの食事で
しのいでた感じだったので行かない訳にもいかなくて…
ツライときもありました。
5月の入所以来、毎週様子は見に行ってましたが
どうしても行けない日ができてしまい…
変わらず過ごしてるかどうか、
気になってましたが、次行ってみたら
「え?先週、来てなかったっけ?」
父
だって・・・
そんなに気にすることなかった。
父の住んでた家を片付けてたとき
大量に出てきた認知症予防の資料
赤ずきん片付け中
だんだんわからなくなっていくことを
なにより恐れてたみたいだった。
「もう日にちもようわからんし
ボケた爺さんなってしもて
そんなに長く生きなくてもいいかなー」
父と赤ずきん
とか、言い出すし。
「家に帰りたいけど、
出口のとこで止められて
帰られへんねん。」
父
施設は24時間出入り自由なんだけど
出るときは入り口横の事務室で
鍵を開けてもらわないといけないのです。
施設入り口
夜間は施錠しててインターホンで対応
前の家のことはもう整理したって
理解してくれないので、そっとしてたけど
まさか帰ろうとしてたとは思わなかった。
前に母のことで見学に行った別の施設で、
「重い認知症の人が家に帰りたくて
ベランダから飛び降りようとしたことがあった」って
聞いたのを思い出してしまった・・・
施設のスタッフさんと赤ずきん
せつない…
「前の家はエアコンが無いから
この暑さじゃ熱中症なるよー」
父と赤ずきん
って、言ったら「そやなー」って納得してたけど…
次、会ったらなんて言うかなぁー

Comment

  1. ぴーすけ君 より:

    お父さん、自分でボケてきている自覚はあるんですね。
    次回は「ずっと使わないと家の中がダメになるから
    人に貸しちゃったから。」ってことにすれば・・・。

  2. hanamura より:

    「せつない…」のは、逃げたいです。(逃げる!?)ウチはまだとか、ウチは大丈夫とか、いえませんよねぇ。(そういう逃避がダメ?)でもまぁ、なんとかしよう!やる気があれば、何でもコロンんで行くさ!・・・と、私は、現在、思っています。

  3. lamer より:

    本当に歳をとるって大変な事ですね。
    健康は心配ない様子で何よりです。

  4. 馬爺 より:

    人事とは思えないですね、渡しもソロソロ考えないとと思いますね、万が一の時にも娘達に墓の事や葬儀の事その他いろいろを書いて残しておこうと思います。

  5. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます。
    鍵も持ってないのに帰ろうとしてたとは思わなくて。。
    前に家の鍵だと思い込んでた鍵もこっそり処分しといたのに。

    帰りたくて暴れたとかではなかったみたいだけど。。

    父や母をみてると自分の時はどうするか、どうするいいのか、とかいろいろ考えてしまいます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。