父の話 その19

父の話 その18の続きです。
しばらくしたら看護士さんに呼ばれて
父の居る部屋へ…
病院で案内される
カーテンをあけたら

「最新の医療によって
無事に生かされております」
父
…だって。
検査の結果、特に心配するようなところはなく
食事やトイレに立った時に、
脳の血管が細くなってるところに
一時的に血液が行かなくなって
気を失ってしまうのだろうってことでした。
先生のお話をきく
帰っても大丈夫ということなので
病院に来たついでに
前の週に行き忘れたMRIの検査の予約を入れてから…
「帰るよー。
こないだみたいに
ウロチョロしないでよー。」
車椅子で移動
元カノさんもかなりな高齢だし
ひとりで帰すのは気がかりだったけど
父を家に連れてかえらないといけないので
お礼をいう
なぜかわからないけど家はダメなんだって..
彼女のことはほぼ忘れてたし
諸事情ありまして
正直なとこあまり好きではなかったけど
お見送り
こうやって助けてもらって
「ありがとうございました」って
お礼を言って別れるって
何か小さなカケラがポロっと取れたっていうか
良い形で閉じて行けるっていうか
うまく言えないけど
いろんなことがほどけて終わって行けるように
なってるのかなあー?と、
思ったりしました。

Comment

  1. ぴーすけ君 より:

    時ってだいじですね。
    でも お父さん、無事でよかったわ。

  2. hanamura より:

    私も、大病や、大怪我しています。まさに!「最新の医療によって、無事に生かされております」 ♪
    人間五十年、下天の内をくらぶれば・・・って時代なら、私ももう、決死圏OVER!? わ~い!ガンバルぞぉ!
    そして、ドラマは・・・向田邦子☆脚本!というか、絵コンテまで出来上がって(?)いますから、アニメ化、ドラマ化、ノベライズ!(通俗オヤジでスミマセン!)

  3. みち より:

    お父さま色々大変ですね、でもご無事でなによりです。

  4. 馬爺 より:

    お父様ご無事で何よりでしたね、高齢者は一人ではなにかと心配ですよね。
    私なんかも他人事ではないですがね。

  5. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます。

    搬送された時は手脚も冷たくなってたらしいですが、
    無事に家に帰れました・・・

    前回も、ですけど、今回も・・・
    まだ歩いて帰ろうとするので(いや、無理やろ・・)
    なんていうか・・困ったもんです・・・

    呼び出される回数もこの頃は増えてきたので、
    引っ越しを急がないといけないのですが、
    これがまたなかなか進まなくて・・

    「施設入所」のタグをつけてはいるけど
    そこまでたどり着けるのかなーって
    時々弱気になることもあります・・・

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。