最後の進路懇談

娘の高校最後の進路懇談に行ってきました。
学校に着いたら
とりあえずLINEで連絡…
「3階まで上がって来てー!」
学校に着いて連絡する
…って、ことなので上がってくと

ちょうど懇談待ちの生徒用の
自習室から出て来たんだけど…
教室から出てくる
ハッそれは!
そのひざ掛けは!
前記事の色違いのひざ掛け!!
教室が寒いから
ひざ掛けを持っていってたけど
まさか校内で
巻きっぱなしだったとは!
「移動する時とか、外さへん?」ってきいたら
「え?面倒くさいやん」って…
ひざ掛け巻いたまま廊下を歩く
年頃の女子って、そういうとこ、気にするものでは…??
教室で先生とパソコンの画面を見ながら
後期の受験校の相談などなど…
先生とパソコンの画面を見ながら懇談
「もう…勉強したくない…」
遠くの学校は嫌なチビずきん
「センターに
集中しすぎたんちゃうー?」
担任の先生1
「希望の学科だと○○大かなー
通学に1時間半ぐらい」
担任の先生2
「1時間半…
先生、遠いよー…」
勉強したくないチビずきん
第一志望校は、家からわりと近いので
「大丈夫!勉強がんばって
第一志望校に受かれば!」
担任の先生と私
そして、また「勉強したくない」に
戻ってぐるぐる旋回した懇談でした…
本人は「浪人はしない」と言ってるので
私は、どこであっても入れればいいかな、
と思っています。
きっと縁のあった新しい環境で
いい出会いがあるかと思うので…

Comment

  1. もう一踏ん張りですね。

    よい春が来ますように。

  2. より:

    道はひとつしか通れないのでどれを選んでもいいのかな(・_・;
    楽しい道を歩きたいですね(*^_^*)

  3. hanamura より:

    「浪人」という選択肢を三者面談で理解できなかった父親です。進路では、娘に気遣いされた親父なんで、どうしようもないです。本人はホント御縁で、のびのびやってます。・・・と、思っています。

  4. いぬまる より:

    もう少し!自分が受験生の時は母のごはんが元気のもとだった記憶が…!
    お母さんも一緒にファイトですー!

  5. ぴーすけ君 より:

    今年の4月に縁のある学校、そこに行ってくれれば
    それが一番。

  6. maki より:

    チビさん、もう一息よー

  7. 月子 より:

    あと一息!!
    もう勉強したくないか〜(^∇^)大人になったらそれがまた変わるんだけどね(笑

    そして巻きスカート!良いですね。そういう女の子、おばちゃんは、大好きだな!

  8. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます!

    担任の先生、娘の所属していた部活の副顧問だったので、娘のことを良く知ってくれている先生で・・・しかも、次の時間の枠が空いてたので、長い時間を割いて相談に乗ってくれました。ありがたい・・・

    ひざ掛け、まさか校内では巻きっぱなしだと思ってなかったので、ちょっとびっくり^^;
    あまりいろいろ気にしない人ではるけども・・・

    そんな娘でも受験はかなりなプレシャーみたいなので、ここからは(がんばって)黙って見守るように努力しようと思います。。。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。