リアルネットワーク

ある日の夕方、近くの診療所に
漢方薬をもらいに行ったのですが…
慌てて出てきて、スマホ忘れたので
暇つぶしがない…
病院の待合
退屈だなーと思ってたのですが

隣の椅子で待っていたお婆ちゃん
病院の待合でお婆ちゃんとふたり
診察室から出てきた人と
知り合いだったみたいで
「あら!◯◯さん!」
病院の待合でお婆ちゃんの知り合いが来た
どうやら前に同じ病院に通ってたみたいで
お話が始まった…
「F先生のその後、知ってる?
脳梗塞で病院を休んでから
ずっとお休みで…
再開しそうにないから、
ここに変えたのよー。
病院の待合でお婆ちゃんたちのおしゃべり
「生きてはるのは
生きてはるらしいよー。
でも、もう診察はできへんみたい」
病院の待合でお婆ちゃんたちのおしゃべり
慣れた先生がよかったのに…とか、言ってたら
後ろの椅子に座ってたおじさんが…
「横から失礼します」
お婆ちゃんの会話におじさんが加わる
「私の弟が先生の息子さんと知り合いなんですが
どうやら息子さんの奥さんが勤めてる病院をやめて
F先生のあとを引き継ぐらしいですよ」
病院の待合でお婆ちゃんたちのおしゃべり2
「先生が変わるんやったら
ウチらはここでいいわー」
病院の待合でお婆ちゃんたちのおしゃべり3
しばらく近所の病院の話をしてました…
病院の待合でリアルのネットワークを見た
リアルの情報交換、すごいな…
スマホ、忘れてきてよかったのかも 笑
このリアルの情報ネットワークを
目撃できなかったかもしれんもんね

Comment

  1. 匿名 より:

    そうなの。こういう事が人間ぽいですよね。携帯持ってると街を歩いて居ても人を観察する事がなくなったかなぁ。。いつも追われてる。。

  2. 匿名 より:


    カエル♡

  3. ぴーすけ君 より:

    スマホや携帯電話に頼って生活してると
    つい忘れてた一昔前を忘れてますね^^;
    そうそう これが日常だった。

  4. 馬爺 より:

    スマホより確かな生の声ですものね、これ本来の情報ですね。

  5. hanamura より:

    本当は怖いリアルネットワーク
    本当に怖いリアルネットワーク
    新東名のスマートインターチェンジが実家の近くに出来たので、クルマ帰省で実家にばかり居たら、私は離婚したと言われていました。噂の発生源は一人しか居ないのに本人は、その自覚無し、本当に怖いわぁ!

  6. maki より:

    病院の待合室って、おじいちゃんおばあちゃんの情報交換場所になっているよねー
    何気に楽しそう♪

  7. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます!

    生の情報交換…受付のお母さん二人も
    下向いて笑いをこらえてました 笑

    お婆ちゃんもおじさまも、なかなか近所のことに詳しくて、
    知らなかったけど、同じ場所に居ても、そこには別世界があるんだなーって
    思いました。

    お婆ちゃんの一人は「もう86やのにまだ生きてんやで!びっくりするわ!奇跡!奇跡!」とか言ってましたが、元気で長生きして欲しいなーって思いました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。