父の話 その42

リハビリ病院に転院していた父ですが、
先日無事に退院しました。
あいにくのドシャドシャ雨の日…
雨降りの日

退院するってことで
気持ちが上向きだったせいか
こんな言葉が…
「また仕事を始めようかと思う!」
退院の準備
えっ!?
「このままだと
もっと訳のわからん爺さんに
なってしまいそうやし。
働いてたら、
きっと大丈夫と思うねん」
父
うーん…働けるような状況でもないんだけど…
「仕事って、どんな仕事しようと思うん?」
赤ずきん
って、きいてみたら
「英語の先生かなー?
僕は他に何もできへんし」
父困り顔
って…。
まだ今から働いてみようって思うとは…
せっかくの前向きな気持ちなので
そっとしとくことにしました…。

Comment

  1. ぴーすけ君 より:

    お父さん、退院してヒマになったのね
    前向きに自分の心配してる感じなのが微笑ましいです

  2. maki より:

    現状認識の部分では不安があるけど…意欲が有るのはいいですね。
    っていうか、英語を教えてほしいです(・∀・)

  3. 前向きなのは良いことですね。

  4. froro より:

    良かったですね^^
    お父さん 転んだりしないよう お祈りしています^^

  5. 馬爺 より:

    お元気になられた証拠ですね、意欲はかってあげないとね、
    でも現実をわかっておられるのかが心配ですね。(^_-)-☆

  6. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます!

    リハビリ病院を「住んでるところ」だと思ってた父の口から「働く」って言葉が出てくるとは…

    施設に戻ったら今度は「え?ここは病院じゃなかったっけ?」とか言ってて、なかなかに認知症も進んでるみたいですが、何かをしようって意欲が一番大事みたいなので、気持ちが上向きになってるのは本当に良かったなーって思いました。

  7. あーちゃ より:

    意欲があるのはいいことだと思います。お父さんファイト!

  8. カエル より:

    仕事する。というのはよく出てきますね。人生で仕事していたことって大事なことだったんでしょうね。私は何が出てくるんだろう?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。