父の話 その26

父の話 その25の続きです。
金婚式の日の夜、
伯母からメールがあり…
今日は連れてきてくださりありがとう!
兄が来てくれたとき涙しました。
無事に終わりほっとしました。
ありがとう!
伯母

このあとメールでやりとりしてて思ったのが
伯母にしたら2度目の結婚式みたいな
大イベントで
とにかく無事に終わらせることに
ただただ必死だっただけなのかも
叔父伯母
私が近くで待機してる間
会場では父のために従姉妹が食べにくいものを
切り分けてくれたりして、
従姉妹と父
やさしく接してくれたと聞きました。
終わるまでは私もいっぱい、いっぱいだったけど
とにかく無事に終わって良かった。
…なんだけど、うっかりしてました。
せっかく病院に寄ったのに
処方箋をもらうのを忘れてた!!
赤ずきん
なんのために入所を急いだんだか
次の日はどこも薬局が空いてなかったので
月曜日に仕事終わりに薬をもらいに行って
自転車飛ばしてお届けに…
赤ずきん
とりあえず最低限のものしか持って行っていないので
住んでた家に寄って何冊か本も一緒に持って行きました。
ちょうど晩御飯が終わった頃で
共有スペースでテレビを観てた父
「あれ?どうしたん??」
父
連絡してなかったからビックリしてた
「処方箋渡すの忘れてたから届けに来た」
って言ったら
「薬、新しい先生から出てるよ」
父と私
え?新しい先生から電話もらって
相談してからって聞いてたけども…
「何か混乱してるみたいやねん…
それに何でここに居るんかが
わからん」
父
何でここに居るんかが
わからないって…
赤ずきん
ある部分はまだしっかりしてるんだけど
記憶があったり、なかったり…
しっかり話せる日もあれば、
ロレツが回ってない時もあるし…
状態に波があるけど
徐々に弱って行ってるのは間違いない感じ…
「それに、僕、
ここで嫌われてるねん」
父
え?
前から住んでる人に
「新入りのくせに!」って言われたらしい…
何があったんかな…
「だけど、本は助かる。
時間かけてゆっくり読むわ!」
父と私
だって…。
「また来るからね」って言って、
その日は帰ったけど…
父のことは大嫌いだった時期もあるし
ほとんど関わりのなかった時期も長いし
今、こうやって関わってるのが、
時々不思議に思うほうが大きいのに
なんでそこに居るかわからない上に
一人で不安だろうと思うと
本当にこれで良かったのか
もっと他の方法がなかったのかなーって思うと
涙がボロボロ出て来た
赤ずきん
高架沿いの暗い道で良かった
夜道を自転車で走る
泣いてるところ、
誰にも見られずに済みました…。

Comment

  1. 介護で一番大切なこと、
    共倒れにならないこと。

    もっとできたのではないかと後悔に襲われる選択をしても、
    自分をゆるしましょう。
    人の世話が必要な状態になるのは、
    その人の人生の課題がそこにあるからです。
    貴女だけがしてこなかったわけではなく、
    お父様自身ももっと関わる生き方をしてこなかったということでしょう。
    どちらに責任があるわけでもありません。
    自分の選択も、
    お父様の魂の選択も
    信頼してまいりましょう。

  2. yuki より:

    今は、色々大変でも
    そのうち笑顔が多い日になります
    うちの家も色々大変でしたが
    今は笑顔の多い日々になってます
    あの頃はこうだったねって
    笑い話に変わりますよ

  3. ぴーすけ君 より:

    お父様、前向きで明るいところもあるから
    早く 乗り越えてくれるといいですね。

  4. hanamura より:

    今朝のラジオ文芸館は、「かがやく」作:帚木蓬生、朗読:富田典保。 精神科の研修医と、アルコール病棟患者との交流のお話。お医者様は「もっと他の方法がなかったのか?」なーって、想い続けるお仕事なのですね。

  5. fro ro より:

    ikukoさんがいっぱいいっぱいになって、しんどくなりませんように…
    ご本人にとって 適切な環境が大事なんだって
    それは自分の家や 家族のそばとは限らない 
    N●Kの福祉ハートネットで言っていました。

    私の母も いま、マンションでひとり暮らしがんばってるけど
    もうすぐ父の七回忌の法事があるの、そのことでハイになって
    毎日 電話で悲しい、おかしな事ばかり言います…

    あの嘆きが私の頭から離れない。
    会いたくない人も居るのだけど、法事 行ってきますね。
    母に こっちに来てもらおうかと思ってて、その方が 母が楽しいならいいな 
    そのこと、姉夫婦や妹に話すの、上手く話せるかな、がんばるね。
    (私ゴトをごめんね。)

  6. あーちゃ より:

    赤ずきんさん
    優しい人
    大丈夫
    とってもとっても一生懸命やってるし
    それはみんなわかってる。
    そう思います。

  7. 馬爺 より:

    年寄りを介護すると成ると大変ですものね、わたしも経験がありますが仕事が出来なくなりますね。
    わたしも母を介護施設に預けれたのでよかったですよ。

  8. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます。
    コメントいつも嬉しく思っています。
    ありがとうございます。

    薬や食事のことを考えたら、ほんとに一日でも早い入所がよかったし、でも入った後のことを考えたら、もうちょっといろいろ段取りしてからのほうがよかったのかなーって思ったり…

    本人が「ここにする」って決めた場所ではあるんですけど、お試しで泊まってみたりも出来たので、もっと早くにお試ししてみたらよかったのかなー?と思ったり…

    何が正解だったか、やってみないと答えなんて出ないことなんでしょうけれど…

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。