猫の話 その30

夕方遅めの時間
暗くなったので雨戸を閉めようと思ったら
赤ずきん

黒猫が来てた
赤ずきんと黒猫
ご飯あげて…
黒猫
いつもなら、すぐどこかに行くのに
その日はそのまま
リラックス
黒猫
・・・
黒猫
・・・
黒猫
なんとなく戸を閉めらなくて
寒いのを我慢する二人
赤ずきん親子と黒猫
気を許してくれてるのかなー?って思うと・・・
・・・つい、ね・・・

Comment

  1. カエル より:

    優しいなぁ。。

  2. ぴーすけ君 より:

    ホント、ついねっ(笑)
    こっちが我慢しちゃうw

  3. hanamura より:

    えぇ?入れて、閉めちゃえばイイじゃん!(笑)
    そうは、いかない、奥ゆかしい関係がぁ・・・。
    ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

  4. maki より:

    黒猫さんの方も遠慮してるのか…
    なんか、イイ!

  5. みち より:

    あらら、風邪を引かないで下さいね^^

  6. 馬爺 より:

    お互いに遠慮の仕合っこではないのかな?

  7. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます!

    なんとも言えないこの距離感・・^_^;
    もっと深い時間で母が起きてこなさそうだったら、全然入ってきてくれても、というか、むしろ大歓迎だったのですけれど・・・

    この後、しばらく震えて我慢してましたが、やっぱり寒いのでどうしよーって思って近づいていったら、逃げていっちゃいました。。。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。