妊娠中に虫垂炎になりました その6

前記事の続きです
手術翌日、お腹の赤ちゃんの無事も
確認できてひと安心…
通常なら一週間程度で退院できるらしいので
出産までに、まだ仕事に
戻れるかな、と思っていた私
(だって元ダンナが働いていない!)
それが
微熱が下がらないし
ずっと炎症状態が続いてる
入院中不安
それに、時々襲ってくる強烈な腹痛も…
1週間経ち、10日経ち…

イラストに描きたくないので、
ここは文字だけできますが
することなくて暇な元夫。
(ほんとはやることあるけどね)
毎日のようにやってくる訳ですが
看護師さんに
「ご主人お仕事大丈夫なんですか?」
って、きかれたらしくて
「おまえのせいで
そんなん言われた!(怒)」
って、言ってきた…
もう私の精神本体は小さくなってしまってたけど
それでも小さな私が
「じゃー来るなよ!
せめて履歴書ぐらい書け!」
しんどすぎて怒れない
と思ってるのに
もう返事する元気がない…
お向かいのベッドの人が退院して
入れ違いに
腹膜炎で入院してきた若いママさん
お母さんが小さい子供さんを連れて
お見舞いに来てたけど
若いお母さんの入院
夜、泣いてるのが聞こえてきた…
消灯後
そうよねー。。小さい子供さん預けて
入院するって不安よね…
ウチは別の不安はあるけれど
親子一体型だから
そこだけは安心だな
親子一体型
逆子ちゃんでした
って、眠れないベッドで
思っていました…

Relate post

Comment

  1. たき子 より:

    なかなか回復しなかったのね。
    それは不安。。。でも生まれてからの入院も確かに大変。妊娠中って赤ん坊との一体感半端ないからその点は心強かったってことね!

  2. Ouna より:

    こんにちは♪
    手術もうまくできたし、赤ちゃんも元気で。
    もう退院かと思いましたよ。
    親子一体型、いい形でよかったですね。
    なに!? 逆子ちゃんですか~~ (´A`*)・゚。 

  3. 鳥天 より:

    持ち運び可能な時期って変な安心感あるよね(*´艸`)逆子ちゃんだったんだ、うちも上はそうだったなぁ!

  4. ぴーすけ君 より:

    不安な気持ち、辛いわねー。

  5. PONTAN より:

    ただでさえ入院て不安になるのに妊娠中だと尚更度よね。うちも途中まで子供たち2人とも逆子ちゃんでした。次回も楽しみです☺

  6. みち より:

    手術大変でしたね。無事に終わって良かったですが、
    しばらく辛い思いをされていたのですね(><)
    インプラントの手術を受けた時も部分麻酔だったのですが、
    考えないようにしようと思うのですが、勝手に想像しちゃうんですよね。。。

  7. maki より:

    術後も大変だったんですね…
    しかし、元の人、、マジでなんなんだ(-_-)

  8. hirari より:

    その後大変だったのですね。一体型!そうそう、生まれてから、お腹の中にいたときのほうが一緒に動けてらくだった、と思ったわー。

  9. hanamura より:

    私はもっとダメでした。配偶者様にとって知らない土地に放置して、長期出張しておりました。出産の時も居ませんでした。
    今朝ラジオで聞いたユニセフ職員の榮谷明子さんのインタビューに、少し救われました。(海外で一人で出産子育て状態のお話)

  10. AKAZUKIN より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます!

    この数年後、自分も小さい娘を預けてまた入院することも知らずに・・・この当時はまだお腹にいるからある意味心配しなくていい、とか思っておりました。

    4回手術して入院したけど、この時は一番キツかった・・。
    なにもかもわからないことだらけだし、入院費用もいくらぐらいかかるのかも想像できず。そして、どうやら仕事にも戻れそうにない。

    病院のベッドは全然寝れないし、眠れないとなかなか身体も快復しない悪循環でした。

Ouna へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。