父を送った話 4

父を送った話 3の続きです
そうこうしてるうちに、主治医の先生から
死亡診断書が届いたので
書類を受け取る

葬儀屋さんに連絡…
葬儀屋さんとの打ち合わせと
死亡届の提出で
市役所へ移動…
葬儀と火葬の段取りなど
ひと通り相談しました。
葬儀屋さんとお話
この葬儀屋さんが、とにかく仕事の出来る人でした。
詳しく描きたいけど長くなるので残念ながら省略…
打ち合わせが終わったら
また施設に移動。
送り出しまでに、
棺に一緒に入れたいものを選定をしたり
遺影用の写真を探して葬儀屋さんに送ったり…
この辺は全部一人でしないといけないと思ってたので
妹夫婦が来てくれて助かりました。
必要なものをまとめてたら、
妹が死亡診断書のコピーを持ってきて
「お姉ちゃん、これ…」
妹が話しかける
受け取った時は気づかなかったけど、
一旦「女性」に丸つけて
訂正してた!
死亡診断書
いや、先生、なんでここ、
間違えたん??笑
赤ずきん

Comment

  1. HANA より:

    えっ?
    主治医のドクター、混乱されてますね。
    妹さんが気付いて良かったです。

  2. 葬儀屋さんらがプロだと思えると本安心していろいろ任せられますよね。
    あの安心感は嬉しいです。

  3. あーちゃ より:

    ほんと、葬儀屋さんは、これから提出する書類に手続きに何でも詳しくて、葬儀屋さんなしには、送り出せないなあと思います。
    あとの片づけは、それ以外にももろもろあるし、安心ですよね。あと姉妹がいるとその分心強いので、あかずきんさんよかったですね。

  4. ぴーすけ君 より:

    バタバタが続きますね。

  5. カエル より:

    妹さんいてくれて良かったですね。

  6. maki より:

    死亡診断書の記入ミスと記入漏れ、わりと有るイメージです…(笑)

  7. 月子 より:

    うんうん…と読んできて、最後、ついニッコリしてしまいました。
    そこ?ですよね。

    前回を拝見して、妹さんそうだったんだ…と。でも、来て下さって、いろんな意味で良かったですね。

    ほんとバタバタですよね…母の時は、父が居たから私は補佐でしたが…
    不思議なアドレナリンが出て、凄く動けちゃうけど、実際体も心もなにかと疲れているので、体調だけは気をつけてくださいね。

  8. みち より:

    ひとりで何もかもしなければならない状況って大変ですね。
    妹さんがいらして良かったですね。私は母任せでしたが、
    あれこれスケジュールがあって母もいっぱいいっぱいで
    何度も確認し合いました。

  9. まじょ より:

    いくちゃんお疲れ様です バタバタよーくわかります わたしも義父の時1年近くバタバタしましたわ
    それにしても性別のミスって・・・(^_^;)
    やっぱりなんだかんだ言っても姉妹がそばにいてくれるってのは心強いですよね 気が付くとあんな小さかった妹がすっかり大人になって仕切ってくれたりするので驚いてます 落ち着いたらゆっくり休んでくださいね 大好きな音楽を聴いて・・・

  10. AKAZUKIN より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます。

    主治医の先生のおかげで、あまり苦しまず、痛みもないままだったので、ものすごく先生には感謝していますが、最後の最後にこの記述ミス 笑

    ちゃんと訂正してあるから書類としては大丈夫なんですけども・・・

    こんなこともあるんだなーってお話でした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。