父の話 その65

サービス付き高齢者住宅で暮らしてる
父のその後ですが…
夏ごろに、主治医の先生から
「もう来年はないと思ってください」って
言われてたいて…
主治医の先生

今はほとんどベッドで寝ている状態です。
父の施設にて付き添い
でも、苦しそう、とか、痛そう、とかではない感じです。
時々うっすら目を開けるので
話しかけてみると…
父の施設にて目を覚ます
私の声は聞こえてるけれど
眠くてすぐ寝落ちちゃう感じ…
寝落ちちゃう
食事も飲み込みが難しくなってきてて…
ヘルパーさんから
「プリンやゼリーなど飲み込みやすいものを
持ってきて」と、連絡があり
お届けするようにしています。
ヘルパーさんから電話
ゼリーは果肉やナタデココ入りのが多くて
案外ゼリーだけっていうのが少ないんですよねー
まだ意識がしっかりしてた頃は
娘の話をすると笑顔になりやすいので
家での出来事とかをよく話てて
父と娘の話をする
「もうすぐ高校卒業とか
信じられないぐらい早い」って言ってたら
「IKUちゃんだって、ちょっと前まで
『とーたん、とーたん』って
言ってた」って、言われたりして…
父に小さい頃の話を聞く
ものすっごい前ですけども…笑
しんとした部屋で、
一人でそんなことを思い出すと
何とも言えない気持ちになるけど…
少し前に、担当の看護師さんに
「この状態でこれだけ
食べられるなんて信じられない!
すごい生命力ですよ!」
看護師さん
って、言われたことを思い出すと
「このまま年越をせたりするかも?」って
思ったりもしています。

Comment

  1. あーちゃ より:

    お父さん
    静かに心の準備させてくれてるんですね。

  2. ご家族皆様の最善が成されるよう祈っております。

  3. lamer より:

    自然な感じが良く伝わって来ます。
    気力なんでしょうか?
    体力なんでしょうか?
    年を越されればまた夏も来ます。
    逢いに行かれるだけでも素晴らしいことです。

  4. ぴーすけ君。 より:

    ゼリーってなかなかないんですよね~
    固形物いりじゃないのって 私も探しましたよ。

    少量でも食べられるってすごいわ、食べるって気力体力がいりますものね。

  5. カエル より:

    言葉にならないです。

  6. maki より:

    ikukoさんの声が聞こえたら、きっと安心できるんだろうなぁ

  7. シニアさん より:

    おはようございます。
    色々な思い出が走馬灯のように思い出されるでしょうね、

  8. 月子 より:

    苦しそう、痛そうというの事でホッとします。良い時間が、少しでも長く続きますように。
    ゼリー、そうなんですね。食べやすいもの見つかりますように。

    • 月子 より:

      苦しそう、痛そうという感じではないというのは…です
      何か打ち直そうとして変な間違え方になってしまってごめんなさい。

  9. hanamura より:

    プリンやゼリーは甘いからなぁ~。
    私は温泉卵や、煮凝り、出汁でふやかした天かす!
    このごろ、なんか娘と、話していない私です。

  10. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます。

    ものすごくコメントしづらい記事だったと思うのですけど、みなさんのお言葉ありがたいなーと思っています。本当にいつもありがとうございます。

    旦那もいないし、妹たちのサポートもない状態で、時々気が遠くなりますが、こうしてコメントいただいたり、メールいただいたりすることに、とても救われています。

  11. A・ラファファエル より:

    ゼリーはゼラチンを温めた果汁100%のジュースに入れて冷やすだけで作れます。
    500mlの紙パックで電子レンジ使って作っている人も・・・。

  12. みち より:

    介護用のゼリーもありますね、父が少しの間食べていました。
    苦しくないのがいいですね。
    うちの父も気持ち良さそうに寝てばかりいます。

  13. カエル より:

    あ!水をゼリーにするやつありますよ!つるりんこだったかとろりんこだったかの名前です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。