父の話 その63

1ヶ月ほど前に
叔父伯母夫婦が父のところに
面会に来てくれました。
叔父伯母
会うのは去年の金婚式以来…
横になってることが多くても
面会にくる1週間前まで
普通に会話出来てたのに…
施設で父と話す
言葉が出にくくなって
車椅子に座っているのも
長時間は辛い感じになっていました。
一人で座っているのが少し辛い
叔父さんも認知症があって
癌が進行していることは
何度も伯母さんが伝えてくれていたけれど
忘れてしまってて…
父の様子を見て
泣いていました
叔父さんが泣く
祖母は父に対してキツイかった人で
祖母にキツく当たられる父
私から見てもあからさまに
叔父さんの方を可愛がってる感じで…
父は叔父さんに対して
ずっとコンプレックスがありました。
大人になっても、
子供の頃のことを思い出して
急に叔父さんに対して怒り出すこともありました。
叔父と喧嘩する父
叔父さんが悪いわけでもないんだけど…
だけどその叔父さんの口から
「僕はいつも口ばっかりで…
なんでも出来る兄さんが
憧れだった」
泣く叔父さん
…って…
何も返事は返せずに困った表情をしてたけど
そう言ってもらえて
嬉しかったんじゃないかな…
胸につかえてるものって
いつかは溶けて流れてくものなのかも。
そのあとも毎週様子を見に行ってるけれど
ほんとに少しずつ機能が落ちていっていて
今はほとんど、うつらうつら、
寝てるような感じ…
(とにかく眠いんだって…)
痛みも全然ないらしく
ものすごく穏やかな表情をしています
穏やかな表情で寝てる父
何かいい夢でも見てるのかな

Comment

  1. 穏やかに過ごせることは何よりと思います。

  2. ぴーすけ君 より:

    お父さんは 弟さんにまた会えてよかったですね。
    心のつかえが 少しでも取れて ラクになって欲しい
    です。

  3. hanamura より:

    これからも兄弟仲良くしていきたいです。
    母にも義父母にも長生きしてほしい。

  4. froro より:

    ikukoさん、もう立冬だって。
    乾燥してるし、寒くなったり蒸し返したり
    お忙しいと思うけど、お身体 気をつけようね^-^。

  5. あーちゃ より:

    穏やかな日常が送れていることは何よりです。

  6. 月子 より:

    読ませて頂いて、色んな想いでいっぱいになります。家族、親子の愛って、案外難しい事もある…
    とても、うまく、短く書くのは無理そうです。

    ただただ、お父様が痛みなく、穏やかに過ごされてる事は、本当に嬉しいです。

    赤ずきんさんも
    お疲れが出ませんように。

  7. maki より:

    穏やかな微睡みの中で過ごせているなら、なによりです。
    言葉が出にくくなるのは仕方がないところですね…

  8. 馬爺 より:

    おはようございます。
    IKUKOさんも色々と気苦労が多いですね、気疲れしませんようにお気を付けてくださいね。

  9. みち より:

    憧れのお兄さんって言ってもらえて嬉しかったでしょうね^^
    眠っている時間が長くなると心配でしょうが、
    痛みなく過ごせるのはよいですね。

  10. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます。

    夏頃は、全然まだまだこのまま行くんじゃないのかなぁー?と、どこかで思ってたんですけど、ここ1ヶ月緩やかに身体機能が落ちてきていて・・
    (自立で座れない、左半分が動かしにくい、右手も動きにくい、話しかけても反応がない時がある、などなど)

    少しづつ覚悟しとかないといけないのかなぁー?と思うようになってきました。

    機能が落ちて来ると、介護サービスも変えていかないといけないので、今週もヘルパーさんとケアマネさんとお話合いがありました。
    みんなの優しさが染みる・・・安心してお願い出来る人がいるって幸せなことだなーと思いました。

  11. カエル より:

    泣きそう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。