どんな状況でも月あかりは誰にでもやさしい

随分間が空いてしまいましたが・・・
夏ごろからスタートした仕事の某新規案件が
いろいろありまして・・
赤ずきん
秋になる頃には
夜も眠れないぐらいのストレス状態になり・・
眠れない赤ずきん
すぐ目が覚めちゃうし、目がさめると何か解決策はないか、
そればっかり考えてしまってまた眠れない負の連鎖。

他の仕事も抱えてて
関係ないお客さんに迷惑のかかることだけは避けたいし
で、無理してるうちに
食欲も落ちてきて、
軽い風邪が全然治らなくなってしまい・・
こんな状況で父か母のどちらかに
何かあったらもうパンクするなーって思ってたんです。
青ざめた赤ずきん
・・そしたら・・・
ある日の夕方に近くの総合病院から電話が・・
病院から電話
少し前にチビずきんが検査を受けてたので
まさか何かあったのかと思ったら
チビずきん
父が出先で転倒して頭を打って
救急車で運ばれたから
救急隊から連絡してもいいかってことで・・
父
通ってる病院の名前は言えたので
病院から確認の電話がかかってきたのでした。
2日前に様子を見に行った時には
出かける元気がないって言ってたのに・・
なんで遠くまで出かけたんだか・・。
搬送先の病院を教えてもらって
仕事と家のことをある程度段取りつけてから
迎えにいくことに・・
だけど私も調子が悪かったので
最寄り駅のホームで気が遠くなりかけフラフラ
地下鉄でフラフラの赤ずきん
ポンコツ2がポンコツ1を迎えにいく感じ..
病院についたら不安げにベッドに寝てました・・
病院で父と先生と赤ずきん
頭を打った割に、特に大きな問題もなかったのだけど
「念のために今晩一晩入院してもらって
明日迎えに来てもらえますか?
ドクター
って言われて・・・
「仕事があるんで無理です。
今日連れて帰らせてください」
マスクの赤ずきん
「じゃぁ、今晩一晩、
付き添ってもらえますか?」
ドクター
「私まだ帰ってから
仕事があるので無理です」
マスクの赤ずきん
母の居る家に連れて帰るわけにはいかないし
ばあさん
いつも誰かに監視されてると思っているのです。
そして最近は監視してるのが父だと思い込んでるので
連れて帰ったりしたら大変なことになる・・
かといって、私が父の家に泊まるのも無理・・
寒くて震えてる赤ずきん
父を連れて帰って、一旦に家に帰って急ぐ仕事だけ済ませて、
夜中に父の家に戻って
予備のふとんもない父の家で少し寝て
朝の6時半までに家に帰って娘のお弁当作るとか・・多分私が倒れる。
私が一番に守らないといけないのは
娘が安心して暮しなのです
チビずきん
母子家庭なのに
両親が別々に肩に乗っかってるって
そもそもその状況が破綻してるのはわかってる・・・
でも、先生からしたら
患者の身体を一番に考えるのは当然のことなので・・
電話もらったら5分で行ける距離だからってことで
帰らせてもらえることになりました。
・・・だけど・・・
会計をするのに
言われた金額を出せない父・・
お金のやりとりが困難
2回ほど全然足りなくて、3回目でやっと
・・・私が思ってたよりも父の状況は悪くなってたのかも・・
・・・とにかく早く家で休ませないと・・・
でも当の本人はケロっとしてて
留守番させてるチビずきんに
どこかでお土産を買ってあげたい・・とか言ってるし。
そこは「病院の近くにお店ないからまた今度」とかなんとか言って、
病院からタクシーでブーンっと父の家に帰りました。
タクシーでブーンっと
やれやれ・・・
もう時間も遅いので父の分のお弁当を買いに出て
コンビニから出る赤ずきん
次の日の段取りとか考えながら歩いてて
トボトボあるく赤ずきん
なんとなく空を見たら
空を見上げる赤ずきん
空にすっごく綺麗な月!!
大きなお月さまがきれい
ちょうど11月のスーパームーンの次の日で・・
まんまるで大きな月が浮かんでた
それは、ほんとに綺麗で・・・
どんな状況でも悪いことばっかりじゃないんだなって思えました。

Comment

  1. hanamura より:

    私はぁ・・・、病院の人に言われたら、そのまま流されるだろうなぁ~。
    (電車の中で酔っ払って打っ倒れる爺、病気だと大騒ぎして発車遅らせる婆)
    考えるより、目の前のステキ☆な、月とか、花とか、猫を見て、そのまた目の前のアレコレから、片付けいくこととします。

  2. あーちゃ より:

    とてもとても大変な状況なんですね。。。
    赤ずきんさん
    赤ずきんさんにとって最も大切なものだけに絞って、あとは手放せますように。。。

  3. 匿名 より:

    月日、いろんな出来事が起こって
    人間あせって困ってしていても
    お月様は ず~っと見続けてるのよね。
    会いに行ける距離に住んでいると なかなか
    これからもっと お父さんの症状が進行しても
    行政から後回しにされていくんです・・・
    何人も見てきましたよ、お母様がアルツハイマーになって同居していたんだけど 症状が進み前に すぐに友人家族はそこから引っ越してその後症状が進行して お母様は他の手助けを受けられるようになったんだけど そうじゃなかったら 行政は 一緒だと家族で助け合ってくれのスタンスだったんだって。考えさせられました。

  4. maki より:

    大変でしたね…
    うちも怖いなー
    しかし、頭も元気でいられる薬ってできないものか。

  5. banimax より:

    1人で全部かかえないといけない状況、めっちゃしんどいですよね… チビずきんちゃんの為に 赤ずきんちゃんが倒れないようにしてね。ジジずきんちゃん、チビずきんちゃんにおみやげ買ってあげたいだなんて…優しいね(*^^*)

  6. カエル より:

    月に助けてもらえることありますよね。一人じゃないんだなぁって思えます。人ってシンプルな事に感動するものなんだなぁと思ったりしてます。

  7. かずのこ より:

    ご自身の体調も
    大切にしてくださいね。

  8. 馬爺 より:

    大変でしたね、年末でも有り仕事も年度内に片付けなくてはと思うと寝る間も惜しくなる月なんですよね、身体が一番大事ですからね、満月にパワーを貰って頑張りましょう、大変な環境ですがお身体お大事にしてくださいね。

  9. みち より:

    大変でしたね。仕事も、お父さま、お母さまも、チビずきんちゃんも、、、と考えただけでも苦しくなりそうです。
    空を見上げると、ホッとしますね。
    今の季節は星も綺麗なので、帰り道眺めています。
    ikukoさんも時々息を抜いて下さいね。

  10. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます!

    先月後半はなかなかキツイもんがありましたが・・
    今月に入って少しゆっくりとは出来てるので
    夜はちゃんと眠れるし、食欲も体重も戻ってきて(体重!!)
    今はほぼ以前と変わらない感じになっています。
    (根本的な問題はそのままだけど・・)

    描ききれなかったけど、帰りのタクシーの運転手さん、
    私と父の会話を聞いていて、何か感じるとこがあったのか・・
    なんと高速代、いらないよ!サービスしとく!って言ってくれたのです。。

    安くしてくれたってこと自体よりも
    なんだか「大変だろうけどがんばってね」って
    無言の励ましをもらえたような気がして・・
    そこも嬉しかった。。

    どんな状況でもどこかに救われる出来事があるもんだなーって
    改めて思いました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。