いろいろ思う秋です

かなり前から風邪気味だったのが
もう市販の薬では誤魔化しきれなくなって
久しぶりに近くの診療所へ行ってきました。
風邪引いて病院へ

チビずきん チビずきんも赤ちゃんの時から
お世話になってるお医者さん。
診察室に入ったら、いつもの看護師さんが
「お母さんー!こないだねー!
チビずきんちゃん、
ひとりで来てくれたのよー。
大きくなったわねー。
いつもの看護師さん
・・・そうだった、少し前に
風邪引いてお世話になってたんだった。
去年だったか、二人とも風邪引いて
一緒に来た時も
「わー!大きくなったねー!
私と背がそんなに変わらないのよー!
チビずきんと看護師さん
って、びっくりしてたなぁー。
診療所は先生も看護師さんも薬剤師さんも
何も変わってなくて・・
診察
いつも、そこに居てくれる安心感がある。
でも、先生、前よりもかなり耳が遠くなっちゃってて
時々看護師さんが大きな声で話しかけるようになってた・・・。
診療所に行く途中にある古い市営住宅。
前を歩いてても何の番組観てるか
すぐわかるぐらいの大音量でテレビ見てる家があったのだけど
庭の雑草が刈られて
窓は全部ふさがれてた。
古い家
毎日、慌ただしくしてる間に
景色も少しづつ変わってるんやねー。
なんだかちょっと寂しいような、
なんとも言えない気持ちになりました。

Comment

  1. 馬爺 より:

    最近はちょっと見ない間に景観が変わって居る事が良くありますね、こんな田舎でもあるんですから都会では大変でしょうね。

  2. lamer より:

    自然の成り行きってことですかね。
    「適当にへんじしてる」て言われます^^。
    聞き返すのもなんだから・・・。
    「そうだね」って言っちゃうんです。

  3. hanamura より:

    秋のよう、月でいうと今日の三十日月、月齢(29.5)月の満ち欠けにイロイロある私は、今日は失敗が数々でガックリ・・・。でも月は、明日には新月だ!秋は冬を過ごして、やっと春と思うと、やっぱり、さみしいですねぇ。

  4. ぴーすけ君 より:

    あっという間に「大きくなってるチビずきんちゃん」って感覚で病院の先生たちは、時を感じるんでしょうね~。

  5. maki より:

    自分の時間は「終わりゆく時間」なんだと思うとちょっと悲しいですね。
    でも、高齢の方からは「まだまだ、これから」とも言われるので、先は長いのかな?(笑)

  6. みち より:

    見守ってくれている人がいるって素敵ですね。
    我が家の近所は空き地だったところに次々と建築工事が始まったり、、
    古いアパートが綺麗なマンションになったり、
    と、急に変わりつつあります。

  7. かかりつけの医師がいるって、有り難いことです。私は子供の頃、何度も死にかけていても、往診もしてくれる町医者が近所にいたから、1度も入院経験もなく、大人になれました。
    現在は、そういう事態になったら救急車呼ぶしかないでしょうね。

  8. まゆママ より:

    こんにちわ。
    まゆママです。

    変わらないようで少しずつ変わっているものですね。子供が成長しているのを考えれば当然ですが、少し寂しい感じ、わかる気がします。

  9. ハル より:

    そういえば子供の頃は
    よく往診に来てもらいました。
    懐かしいなぁ〜
    夜の遅い時間に診療所を
    あけて診てもらったことも
    あったっけ…。

    いま思うとドラマや映画の中のよう…

  10. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます!

    娘の手がどんどん離れていくのと
    親のことがいろいろあるのとが、ちょうど交差していて・・・
    何ていうか・・人ひとりが生まれてきて
    旅立ってくまでって、大変なことだなーとか
    思ったりするのです。。。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。