PON PON PAIN

少し前のことなんですけど
特に何をした訳でもないのに
足が痛くなってまっすぐ歩けなくなり
病院へ行ってきました
足が痛い
今は落ち着いてます

一番近い整形外科が総合病院で・・
夜は患者さん少ないのに長く待たされる・・
病院で待たされる
待合は他の診療科受診の人も待ってたりするのですが
近くでモデルさんみたいな綺麗な外国人の人がいて
誰かと電話で話し中
どうやら家族の方に状況を説明してるっぽい
待合室にて
英語じゃないのだけはわかったけど
何語かさっぱりわかららず・・
しばらくしたら看護師さんが来て
待合室で看護師さんが来る
「じゃ、検査の説明しますね!」
看護師さんが間に座る
「この棒を便に刺してもらって
採取したもの持ってきてもらえますか?
毎日取れるようだったら、
2日分まとめて持ってきてもらってもいいです。
毎日が無理なら一回ずつ翌日に
受付に預けてもらったらいいです。
暑さが心配だったら、
冷蔵庫のやさい室に
保管しておいてくださいね!
看護師さん
「え?今、一気に説明したけど大丈夫?
言葉、通じてるのかな・・」
大丈夫かな
って、一瞬心配になったけど
「ありがとうございましたー!」
ありがとうございましたー
って、爽やかに帰って行きました。
よかった、ちゃんと伝わってたのか・・
日本語ペラペラの人だったのかも!
私だったら全然ダメやろうなー
日本語でも説明難しいのに
外国で症状の説明とかできそうにないよー
「PON PON…PON PON PAIN-!」
私なら全然ダメだな
HELP ME!
・・てなことになってしまいそう

Comment

  1. ぴーすけ君 より:

    見かけが外人でも、日本語がペラペラって人
    衝撃的ですよね~。漢字を私よりも書けたりして
    ジェラシーですよ(笑)

  2. maki より:

    英語だけは真剣に勉強しておけば良かったと後悔しています…
    ネットで海外サイトを楽しめたのにな~

  3. hanamura より:

    私の体験ですが、二十年前に英会話の先生(生粋の米国人)に、「食事の終わったった箸は、どうすればいいの?」と聞かれて、語学力も日本文化にも、無知な自分に驚愕しました。箸の使い方は勉強しましたがぁ・・・。それを英語で説明することは、今もできません。トホホ・・・

  4. みち より:

    イギリスに住んでいた時、地域のホームドクターがいて、息子をよく連れて行きました。何言われてるかさっぱり分からなかったので、紙に書いてもらいました。ある時看護婦さんが何やら書いてくれて、辞書で調べたのだけど意味が分からなくって、、、日本人の友達の家に遊びに行った時に通りの看板に同じ文字が!!日本人の集まる教会の住所を教えてくれたんでした^^;言葉の壁は高いですよね。女の子、スゴイなぁ。

  5. カエル より:

    体調悪い時に冷製に症状を説明するって相当難易度高いですよね。お大事にね。

  6. 馬爺 より:

    台風も去りやっと雨の降らない日に成りました、
    足腰が痛くなるのは腰の筋肉や腰の骨の歪みのせいではないですか?
    私も長く椅子に腰掛けていると足が痛くなるんですが毎日体操をしております、スクワットから始め五種類の体操を組み合わせて居ります、最近は痛くなくなりました。

  7. IKUKO より:

    いつもお付き合いいただきありがとうございます!

    外国人のキレイなお姉さん・・言葉のスキルが高くてびっくりです。
    もしかしたら、ずっと日本に住んでたけど、
    ご家族はみなさん外国の方とかそんな環境?とか勝手に想像・・

    でも看護師さんの説明・・
    かなり複雑だと思うのですけど^^;

    もし、ひとり暮らしの人だったら、
    「野菜室」って通じるのかな・・・
    小さい冷蔵庫だったら、野菜室もなにもないし

    しかし、ほんと言葉は難しい・・
    私なんて日本語同士でも自分の症状を伝えるのに必死ですーー;

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。